2006年10月07日

■筆まかせ■ 休暇とってました(3)

 北海道といえばなんといっても雄大な自然。ふだん見ることのない「広さ」を感じる瞬間が、北海道の魅力です。空も、海も、広い。その広さだけで、旅してよかったと思えます。楽しい旅であればあるほど、日常に戻りにくくなるのもつらいところ。でも、汗して働いて、たまにはこんな気分を味わっても、罰は当たりませんよね。

 知床での宿は「夕陽のあたる家」。自然ツアー付きの宿泊パックを予約していたので、食事のあと、夜の森の観察に出かけました。ガイドの阿部さんのご案内で、人が立ち入ることも少ないという森の中に入っていきます。立派な角をもつ鹿たちに出会えました。月明かりだけの森の中は恐怖感もありますが、むしろ「畏れ」という文字を使った方がいいかもしれません。葉ずれや虫の声に耳を傾けながら、ふだん耳にしている音が人工的なものばかりであることに気付きます。自宅では、夜寝るときに電気を消しても、冷蔵庫のモーター音や換気扇の音、車の通る音など、必ず聞こえますからね。
 3日、今回の旅行で初めての「雨」。知床五湖や知床峠など、自然を感じるツアーは雨脚が強まってきたこともあり断念。次の機会にとっておくこととして、知床をあとにして網走へ。ウトロから網走に行くバスは、テープによる観光案内があって、ちょっと耳障りなところもあって、またこれも一興。斜里から網走へは内陸の道も通り、整然と行き交う区画を縫いながらバスは走ります。
 網走では、天候に左右されずに楽しめる博物館や観光施設があり、到着後、博物館網走監獄と、北海道立北方民族資料館を見学しました。監獄は、旧網走刑務所の各施設を移築して行刑の歴史を振り返る見学施設です。中に置かれた人形がリアルすぎ。普通に暮らしていれば縁のないはずの施設ですが、中の展示は興味深く見ました。北方民族資料館は、アイヌだけでなく、イヌイットやイグルーなどの世界の北方民族の風習や文化を展示しています。大阪には、世界に誇る国立民族学博物館があり、それと比して規模は小さいものの、実物がたくさんあっておもしろかったです。ミュージアムショップで、おみやげにムックリを買いました。昔はうまく弾けたのに、できなくなっていて残念。また練習したいと思います。
 旅行最後の宿は、網走のペンション「わにの家」。イタリア料理のフルコースが夕食に出ます。ご夫妻お二人でやっていらっしゃる小さな宿ですが、ほんとうにゆっくりできました。食事は期待以上においしく、とても満足できました。旅の疲れが出てしまい、夕食後はほどなく眠りについてしまいました。
 4日、旅行最終日は絶好の行楽日和。日中は道路沿いの温度計が25度を指すほどでした。私たちの旅行の定番である、レンタサイクルを借りて近郊を回る、というのをやっていなかったので、朝9時過ぎから、駅に近い民宿で自転車を借りて、能取湖のサンゴ草群生地まで走りました。網走からサロマ湖まで、旧国鉄湧網線の廃線跡がサイクリングコースとして整備されていて、片道約15キロぐらいのコースですが、とても走りやすく、途中の景色も抜群で、今までのサイクリングコースの中ではピカ一でした。サンゴ草はピークは過ぎていましたが、見たこともないような赤いじゅうたんが美しく、青い空ときれいなコントラストを見せてくれました。(実は、事前にわにの家のご主人に「自転車は遠いから無理ですよ」といわれていたのですが、地図を見て行けそうな気がして、ご助言に背いてしまいました。すみません。観光案内所の方にも、タクシーの運転手さんにも「え〜、自転車ですか」と不思議そうな顔をされましたが、北海道と自転車ってやはりアンマッチなのでしょうか?)
 昼前に網走市内に帰り、刑務所に立ち寄ったあと、バスターミナルに自転車を置いて、バスで「北浜駅」へ。駅舎を利用したレストランで昼食をとるためです。シーフードスパゲッティとほたてのカレーを注文。駅舎の中に昔の客車の座席が配置され、食堂車でいただいているような気分です。味もおいしく、堪能できました。この北浜駅は、すぐ前がもうオホーツク海。食後、次のバスを待つ間、砂浜を散歩。駅舎の食堂への行き来がバスとはさびしいですが、本数が少なく接続が悪いので致し方なし。
 帰りのバスは途中下車して、新興住宅地と思われるところへ。幹線道路沿いに、食品スーパー、家電店、本屋、レンタルビデオ、ドラッグストアと、徒歩5分の間にすべての買い物が済むという、典型的な郊外型店舗。もうどこへ行っても同じ風景ですが、駅前の寂れようがうなずけて少し残念な気もします。
 というわけで、女満別空港から夕方の便で関西空港へ。2時間半でひとっ飛びであっという間に大阪へ帰ってきました。

  

Posted by libsq at 2006年10月07日 20:19